カラートリートメントで美髪に

カラートリートメントで美髪に

カラーリングではないカラートリートメントで髪を染めるには、ちょっとしたコツが必要です。

どれも難しい事ではないので、是非実践してみましょう。
ブリーチ毛をカラフルに染めるトリートメントにも、白髪染めのトリートメントにも両方言える事です。

 

まずは散布する際にはビニール手袋をしましょう。
ある程度は洗えば落ちますが、爪の間などにトリートメント剤が入り込むと取るのが厄介になります。
また、うっかり部屋や壁を汚してしまう事も防げます。

 

よく聞く悩みに、カラートリートメントで染めたけどきちんと染まらなかった、あまり変わらない、という声があります。
これは放置時間が短い事が挙げられるので、パッケージや説明書にある時間よりも長めに取りましょう。
トリートメントなので、カラーリングとは違い、時間の置き過ぎで髪が痛むことはありません。
しっかりと色味を入れたい場合は1時間くらいおいても大丈夫です。

 

色味を長持ちさせたい場合な、乾いた髪に塗る方が発色や持ちがよくなります。
髪に水分が無い分、トリートメントは多く必要になってしまうので、コームや櫛でよくとかしながら行うのがおすすめです。

 

最近ではブリーチした髪を奇抜な色に染める派手髪が流行っていますが、そんな時はこのカラートリートメントが便利です。
白髪用のものを使えば頻繁に美容院で染めて貰わなくても綺麗な髪を維持できます。
ダメージが無いのも嬉しい点なので、短期間ヘアカラーで遊びたい、冒険したい時にいかがでしょうか。

 

栄養素が高く、注目されているスーパーフルーツキウイですが、実は夜食べると便秘解消効果等が望めます。

便秘にお悩みの方は、夜にキウイを食べてスッキリしましょう。
カロリーも1個で約46カロリーとヘルシーなので、夜食べるのも安心です。

 

キウイに含まれているビタミンCは美肌の元にもなりますが、腸内で善玉菌を活発にさせます。
キウイ1個食べると1日に必要なビタミンCの7割が摂れるので、とても効率的です。
善玉菌が活発になると腸内の便を送り出す動きも活発になるので、自然とトイレに行きたくなります。

 

それならば朝食べても良いような気がしますが、夜に食べるともう一つよい事があるのです。
それはキウイを食べて胃腸が正常になると副交感神経の働きで心身がリラックスして落ち着いた状態になります。
そのまま眠りにつけば、良質な睡眠がとれるので朝の目覚めも爽やかです。

 

また、キウイにはむくみ改善効果の望めるカリウムも豊富なので、体の余分な水分を排出します。
お顔や脚のむくみも改善されるのでよりスッキリするのではないでしょうか。
キウイを夜に多く食べ過ぎるとトイレの回数が増える事もあるので注意です。

 

キウイは、半分に切ってスプーンで食べても良いですし、スムージーに入れても美味しい風味が味わえます。
量も少なく小さいので、夕食後のデザートとして食べるのもお腹が張り過ぎる事になりません。
ですが、いくら体によいからといって、食べ過ぎてしまっては果糖の摂り過ぎになり良くないので、1日に2個を限度としましょう。

 

おすすめサイト pick up!!

表参道のヘアサロンでスタイリストの求人

表参道 スタイリスト 求人 ヘアサロン

 

武蔵浦和駅でアシスタントの求人や就職や採用

武蔵浦和駅 アシスタント 就職 求人 採用