ダメージケア

ダメージケア

ショートヘアに変身した女性の中には、単純におしゃれを考えたり何らかの決意表明で会ったり、という前向きな理由の人ばかりではなさそうです。中でも深刻なのは髪の毛のダメージケアのためにばっさりと切った、という人たちです。確かにロングヘアにしていると毛先がかなり傷んでしまう事はよくあります。ただ伸ばしているだけではなくパーマやカラーリングをしていたなら尚更です。パーマやカラーリングを何度も繰り返している人ほど髪の毛のダメージは大きいものです。なんとかケアを繰り返してはいるけれども効果がなかなか出ない、という時には一番手っ取り早い方法としてダメージ部分をカットしてしまう、という方法になります。このダメージ部分のカット、というのは本人としては例えば枝毛になっている部分、と考えるかもしれませんが、枝毛の場合ダメージを受けているのは分かれている所だけではなく、そのもっと上の部分から既にダメージ状態になっている場合が多いのです。ですから美容師さんにお願いしてダメージケアのためにカットをお願いすると、思っている以上にカットされてしまうことがほとんどです。どうせならおしゃれなショートヘアにしてしまおうか、という選択をする人も多いようです。女性が男性の目線よりも自分自身のライフスタイルに合ったヘアスタイルを選択するようになって、ショートヘアを支持する女性が増えたように思います。その顕著なところで子育て中の女性や妊娠中の女性が、それまでのロングヘアをバッサリと切ってショートヘアにする、という事例をよく見るようになったと思います。確かに妊娠中は匂いなどにも敏感になって、シャンプーやトリートメントの時間が苦痛であったり、お腹が大きくなるとシャンプーをすること自体とても大変になってきたりするものですから、ショートヘアの方が生活が楽になるという事が容易に想像できます。また産後も同じで、赤ちゃんが生まれると生活の中心が赤ちゃんとなってしまいます。自分のシャンプーやスタイリングなどは後回しになってしまうに違いありません。もしも二人目、三人目の育児となると、上の子と一緒に出掛けたり、仕事に復帰する人も多く、そんななかで朝から時間をかけてスタイリングをすることなど、時間がもったいない、と思う人も多い事でしょう。実際にショートヘアにしてみると、とても楽であることを実感するはずです。妊産婦向けの雑誌などでも、お腹があまり目立たないうちに髪の毛を短くしておくことを勧めている記事も良くみかけますね。美容室 ヘアサロン 溝の口 カット カラー パーマ 人気 口コミ