ガサガサな乾燥肌から卒業!乾燥をよせつけない美肌にしていくために必要なコツ

ガサガサな乾燥肌から卒業!乾燥をよせつけない美肌にしていくために必要なコツ

乾燥した空気だとお肌も乾燥しやすく、化粧乗りも悪くなってしまいますよね…。
そんな時は、スキンケアもいつもよりポイントをおさえてやっていきたいものです。

 

間違ったスキンケアを続けていると、お肌はどんどん水分を失って、ハリやツヤも少なくなってきてしまうでしょう。
今回は、乾燥でガサついてしまったお肌を美肌にするためのコツについてご紹介していきます。乾燥肌にお悩みの方は、是非ご参考にしてみてください。

 

○お肌を保湿するためにできる簡単な習慣

 

・朝の洗顔は水だけで済ます
最近、乾燥対策として朝は洗顔しない、水だけで済ますといった女性が増えています。
お肌の水分をキープするために、皮脂膜が角質層を覆っています。
熱いお湯や洗顔料を使う事によって、貴重な皮膚膜を流してしまうこともあるでしょう。油脂が肌にたまりにくいこの時期は朝なら水、あるいはぬるま湯だけの洗顔でも十分でしょう。

 

○ケアは保湿重視で

 

スキンケアで大事なことは、「保湿」をしっかり行う事です。
特に頬の周りや目周りは乾燥しやすく、カサカサしてしまいます。
このような部分は、乳液などをこまめに使ってケアしていきましょう。
基礎化粧品は、浸透力の高いものをつかうようにします。

 

○お肌が染みると感じたら素早く化粧水

 

何らかの原因でバリア機能が低下してしまったお肌だと、使い慣れた化粧水を使っていてもヒリヒリしたり、しみたりすることがあります。
そのような時には、薬用効果や刺激の弱い化粧水を使うようにしましょう。

 

○乾燥対策に役立つ保湿成分とは…?

 

しっかり保湿したい時は、保湿成分がたっぷり含まれたものを使うのがおすすめです。
例えば、次のような美容成分が含まれたものを使うといいでしょう。

 

・コラーゲン
保湿に役立つのは勿論、お肌に弾力を与えてくれます。

 

・セラミド
セラミドが少なくなってしまうと角質細胞同士の接着力が弱くなってしまい、体内の成分が逃げてしまいます。結果的に乾燥肌を招いてしまうため、セラミド成分が豊富に含まれたコスメを使うようにしましょう。

 

女性はいくつになっても、本能的に「綺麗になりたい」と思うものです。
年齢を重ねても美しくしているには、やはり老化防止のためのケアも必要不可欠です。
外からケアする事も出来ますが、内側からケアすることもできます。それには、食事に気を使う事です。普段、口にするものによって、美肌は作られてきます。
外側と内側からスキンケアすることによって、アンチエイジングの効果も促進されていくでしょう。
それでは、どのような食品が老化防止に役立つのでしょうか。
ここでは、代表的な食品を4つご紹介していきます。

 

○脂質の少ないたんぱく質

 

たんぱく質は、体やお肌を作るのに欠かせない素材です。
お肉もたんぱく質で、おいしくてついたくさん食べてしまいがちですが、お肉だけからたんぱく質を補っていては、資質やカロリーを摂りすぎてしまう恐れがあります。
そのため、できれば脂質の少ないたんぱく質をとるといいでしょう。
・大豆製品
・アボカド

 

上記の食品からたんぱく質を積極的に摂取してみてください。
脂質も少なめである上、ビタミンEも豊富なので、健康や美容にも効果的です。

 

○お肌の再生を促すビタミンA

 

ビタミンAが豊富な食品もたくさんとりいれるといいでしょう。
ビタミンAは、ダメ―ジを受けてしまったお肌の代謝を高めて美肌にしてくれます。
ビタミンAを多く含む食品には、次のようなものがあります。
・卵
・あん肝
・うなぎ
・パセリ
・にんじん
・ほうれんそう

 

○食物繊維

 

食物繊維は、デトックス効果も豊富に含まれています。そのため、便秘を解消してくれます。
免疫力を高めてくれ、余分に摂りすぎてしまった脂肪を、吸収しないようにしてくれます。

 

○低GI食品

 

低GI食品とは玄米や全粒粉のパン、きび砂糖や黒砂糖といったように、精製した白いものでなく皮や胚、殻のついた茶色い食品のことです。
低GI食品は、糖質の分解をゆるやかにしてくれます。

 

生活習慣病を防いで、若々しい体を保ってくれます。

 

美容院 パート 求人 正社員 海老名 アシスタント