根もとこそしっかりと

根もとこそしっかりと

ドライヤーを当てる時には、髪の表面さえ乾いていれば大丈夫、と思ってしまうかもしれませんが、それは違うようですね。一番肝心なのはまずは根元の部分です。ですから最初にいちばん念入りに髪の根元の部分をしっかりと乾かします。髪を持ち上げる様にしてしっかりと頭皮に近い部分に風が入るようにするのがコツでしょう。そして乾かしていく順番も大切です。根元をしっかりと乾かしたら根元から毛先に向う方向で乾かしていくのが良いのです。なぜなら髪の毛のキューティクルが紙の根元から毛先に向っているので、それを逆方向に風を入れたり手でなぞったりすると、キューティクルを逆立ててしまう事になるんですね。ですから根元をしっかりと乾かした後は、順に毛先に向って乾かしていく事を意識するようにしましょう。つまり最後に乾かすのが毛先の部分、と言う事になります。ここでも意識しなくてはいけないのは、根もとの部分を乾かす時に髪の毛が毛根から立ち上がるように乾かす方が良いです。ボリュームダウンが気になる人ならあえて分け目とは逆方向に髪の毛を倒しながらあてていくと、元に戻した時にしっかりと髪の毛が根元から立ち上がった状態になっています。ロングヘアの人がよくあるのですが、下に引っ張りながらあてるのはよくない、と言う事です。髪を乾かす準備としてタオルドライをする、アウトバストリートメントを付ける、というプロセスが大切となりますが、その準備ができたらやっとドライヤーをあてる、という事になります。ですがこの時にも髪を傷めないコツがあります。誰もが感じている事だとは思いますが、熱い温風を直接髪の毛にあてる事は、髪の毛にとって決して良い事とは言えません。出来るならば避けたい事です。そこで大切なのはまずは髪の毛とドライヤーとの距離です。最低でも10センチは離しておきたいものです。ドライヤーをあてるという動作はだれでも面倒なものですから早く済ませたい、早く乾かしてしまいたい、という思いが働いてしまいます。そうするとどうしても髪の毛の近くでドライヤーをあてた方が早く乾く様な気がしますよね。ですが実際には10センチ程度離れた所から温風を当てる方が、早く乾く様です。しかもその方が髪の毛のダメージが少なくて済む様です。ですから早く乾かしたいならなおのこと、ドライヤーと髪の毛の距離はあまり近づけないようにしましょう。また一点を集中して当てた方がその部分から早く乾いていきそうですが、それも違う様です。自然な風が髪の毛をなびかせるのと同じように、ドライヤーを振りながらあてる方が良いようです。美容室 大森 ヘアサロン カット カラー トリートメント 人気 メンズ