タオルドライ

タオルドライ

ドライヤーで髪を乾かす事は大切だと解っていても、なかなか面倒な事ですよね。特にロングヘアーの人ならば時間もかかってしまいますから、何となく乾いたらそれでいいか、と思ってしまうかもしれません。それに長時間ドライヤーの熱に髪の毛を曝す事の方が、良くないようなイメージも有ります。ドライヤーをあてる時間をできるだけ短くするためには、まずはタオルドライをすると良いですね。タオルドライをするのとしないのとでは、ドライヤーをあてる時間が随分と違います。最近では吸水力がとても良い専用のタオルもあるようです。そういうタオルを使うと思っている以上に素早く水分を拭き取ることができますよ。この時に注意すべきことは、タオルを使って髪の毛を擦り合わせない様にすることです。髪の毛と髪の毛の摩擦によって、特に濡れている髪の毛は傷んでしまいますから、タオルで髪の毛を挟んでこするのではなくて抑える様にして水気をタオルに押し付けるような感じにするとよいでしょう。髪の傷みも少なくて済みます。しっかりタオルドライをする事で、それだけドライヤーをかける時間を短縮できます。ロングヘアの人ならまずはタオルを頭に撒いた状態で少し時間をおけば、それだけでも随分と水気がタオルに移りますね。少し前までは「洗い流さないトリートメント」と言っていましたが「アウトバストリートメント」と言う呼び方も出てきたようですね。このアウトバストリートメントは、ドライヤーの熱から髪の毛を守るのにもとても有効です。またあまり実感がないかもしれませんが、アウトバストリートメンをを使う事で、櫛や指の通りも良くなりますから髪の毛の摩擦を軽減するという効果も有りますね。使うのと使わないのとではかなり髪の傷みが違う様ですから、髪を乾かす時にはアウトバストリートメンをと用意するようにしましょう。このアウトバストリートメントを使う時には、むらなく髪の毛全体に行渡らせることが大切ですね。付いている所と付いていない所があると、その効果にもムラが出てきますからね。そのためには一手間かける必要があります。それはアウトバストリートメントを掌に取り出したらそのまま髪の毛に着けるのではなく、まず自分の掌に良く伸ばす事です。この時に掌だけではなく指と指の間にも付着する様にするのが大切です。そしてそのアウトバストリートメントが掌と指の間全体についている状態で初めて髪の毛に付着させます。付着させる時には押さえつけるのではなくて、手櫛で髪を整える時の要領と同じです。そうすると髪全体にまんべんなくアウトバストリートメントを着ける事ができます。立川 美容室

 

http://www.lancome.jp/