「ヤラセ」は本当にあるのか?

「ヤラセ」は本当にあるのか?

色々な業界で「口コミ」を使って集客すると言う方法が近年はすっかりと定着してきたように思います。本来お店の集客と言うのは、そのお店が他店には負けていない、と言うアピールをして従業員たちが一丸となってお客さんを呼び寄せる努力をする事だと思うのですが、最近では既存のお客さを使って口コミを書かせてお店の評判をアップさせることで、その記事をみた人たちをお店に呼び寄せる、というお店の人たちが努力しなくても人が動いてくれるようなシステムが出来上がってしまっているんですね。もちろんそもそもの口コミサイトというのは、そういうためにある物ではありませんが、結果的に口コミを信用する人が増えればそれがお店の評判となっていることは事実でしょう。そこでそれを利用したのがいわゆる「ヤラセ」だと思うんですね。実際には体感していない人がその美容室の事を評価する記事を書いてその美容室の評判を操作するんですね。実際にそういう事が行われているのかどうか、というのはサイトの管理人やお店側が認めない限り解らない事ではありますが、あってもおかしくはない世界であることは確かでしょう。ヤラセ口コミとか口コミ代行、といった言葉が出てきている時点で認めざるを得ないと思うのです。せっかく人々が情報を得るためのサイトであるのに、そのページのことばを信用できないのでは意味がありませんよね。インターネットが使われるようになってから良く言われる事ですが、情報が正しいかどうかを見抜く力をインターネット利用者の方が身に付けなければならない、と言う事があると思うんですね。美容院でパートの求人は業務委託でも柏のヘアサロン美容室の口コミにしても同じで、鵜呑みにして来店してみると全く違っていた、と言う事もない話ではありません。口コミを書けば特典が受けられる、といったような依頼が出てきた時点で、利用者の皆さんが本音を書いているとは思えなくなってきています。さらに悪く考えれば報酬を貰って口コミを書いている人もいるかもしれません。そうなってくるとどの口コミが正しいのか、という事を見極める目が必要になってくるのは確かでしょう。ですが美容室に限って言えば、最終的には口コミだけ判断するべきではない、と言う事になるのではないでしょうか。美容室と言う所は人のテクニックやサービスを料金を支払って受けるところです。商品や飲食物を提供される場所とは少し違うと思うのです。人間が施す事に対して、お客さんがどう感じるか、というのは様々です。美容師も十人十色ですし、お客さんも十人十色です。そのサービスを嬉しいと思う人もいれば鬱陶しいと感じる人もいるかもしれません。そう言った中で「良かった」「素晴らしかった」という言葉での高評価というのは、あまり意味がないような気がしてきますね。